BLOGブログ

2020年08月05日

炭水化物(糖質)が身体に与える影響

ブログ

こんにちは!


出張整体 HOPE Total Body Conditioning 代表 藤田です。


以前僕は2日間で多量の糖質を摂取し、身体に異常な反応が出ました。


その経験から今回は糖質のことについて考えたり調べたりしまとめてみました。


 

それを特別にこのブログを見ていただいてる皆様にご紹介していきます!


頑張って書いたので、興味がある方だけスクロールしてください。


 

 

目次

食事や栄養について

加古川ダイエットジム

早速ですが問題です!!


Q,世界中の人の中で、1つ以上の栄養が欠乏しているのは何人いるでしょうか??












A,約20億人以上と言われています
(まぁもっといると思いますが...)




では次の問題!


Q,主に先進国で問題となっていることがあります。それは一体なんでしょう?













A,過食、栄養素摂り方のアンバランス。運動不足。



これらが原因で生活習慣病になっている方が増えています。

逆に痩せたいが為に、過度の食事制限による低栄養になる人も多くなっているそうです。




そもそも食事は何のためにするのかを忘れていませんか?


大昔、僕たちの先祖は狩りをしていました。
食べ物がない日もあれば大量に収穫できた日もあるでしょう。

その頃の食事は、『生きていく為』に欠かせないものでした。


しかし現代人は違います。



自分の欲望のままに食べたいものを食べ、その結果肥満になったり糖尿病になったりしているのが現状です。



もはや食事は本来の『生きていく為』のツールではなくなっているかのように思えます。

実際は1日の消費カロリー分を摂取すればいいので、必要以上に食べる必要はないんです。


そして過食による悪影響、特に今回は「糖質」にフォーカスしてお話していきます。


炭水化物(糖質)の役割

糖質の最大の役割は「エネルギー源」となることです。


まず糖質とは一体何なのか?

炭水化物を細分化した中の一つが糖質です。
糖質とは穀類である米や麦、ジャガイモなどのいも類に多く含まれているデンプンが主体です。他にはアルコールにも糖質は含まれています。


糖質は脳や神経・赤血球・筋肉・副腎髄質などのエネルギーになっていると言われています。


それが分かる例があります。

将棋の世界では一戦するだけで数キロも体重が減ることもあります。

体はそこまで動かしていないのに何キロも体重が減る。

脳を動かし続ける為には莫大なエネルギーが必要です。



僕の経験談ですが、一度1日だけのファスティングをした事があります。

その日は水だけで塩を小さじ2分の1ぐらい摂取しただけでした。

次の日はほんとに脳も体も全く動かず、歩くことや座っていることさえきつく感じました。



僕たち日本人が1日で摂取する炭水化物の量は、60%弱といわれています。

これはあくまで平均値ですが、急にこの量のエネルギー源が失われるとなると流石に身体が動かなくなるのもわかります。

糖質は摂りすぎもいけないがある程度の量は必ず摂取するべきなんだと。
少なくとも筋肉や脳にはかなりのエネルギー源とされているんだなと考えました。



ここから分かるように身体を使う仕事の方も脳を使って考える方も、しっかり糖質を摂らないといけない事がわかりますね。

炭水化物(糖質)が与える悪影響

最初に述べた現代人の食事問題や僕の過度の糖質摂取について。

激しい運動をする場合だったらいいと思いますが、その時は運動もしなかったのでただただ食べていただけでした。

すると体はおもだるく頭がぼーっとし熱が出てる感覚で、あまり体内環境はよくないんだと実感しました。


過度の糖質を摂取すると高血糖になります。

炭水化物は摂取されると肝臓や筋肉に貯蔵されますが、貯蔵できるのも一定の量に限りがあります。

だから筋肉量が多ければ多い方が蓄えられる場所は多くなると言う事です。



逆に過度の糖質を摂ったにもかかわらず、筋肉量が少なかったら貯蔵できる場所がなくなり脂肪に変わります。その脂肪は組織に沈着し内臓脂肪や皮下脂肪となっていきます。

また糖尿病にもなりやすくなりますよね。

このようなことはいろいろなところで述べられていますが、実はもっと悪影響があると思います。



しかしそのようなことはあまり報告されておらず、炭水化物の目安摂取量などは設定されていません。(2015年の時点)

また厚生労働省ですら確実な明記はしていません。



ただ施術を重ねるたび高確率で悪影響はあると考えました。



それは過度の糖質摂取で身体がアレルギー反応を起こす場合があると言うことです。



体内で糖質が増えるとインスリンにより筋肉や肝臓に蓄えようとします。

しかし膵臓からインスリンが分泌されると、IgG抗体と言うインスリン抗体が産生されます。抗体分泌されれば必然的にアレルギー反応になるんです!


他にも糖質の取り込み抑制をする作用がある糖質コルチコイド(別名:コルチゾール)と、膵臓から分泌されるグルカゴンというホルモンの作用で血糖値を上げてしまいします。


多量のコルチゾールが分泌されるとクッシング症候群という病気にもなります。




アレルギー反応が起これば交感神経優位になり、肌荒れや吐き気などひどくなれば様々な症状が出てくるでしょう。


このような方はコリができやすくなったり、高血圧になりやすかったり、中心性肥満(肥満してるが脚が細い)、糖尿病などになりやすいです。

他にも副腎皮質や膵臓の癌や腫瘍が発生しやすいです。



普通に考えただけで怖いですね。

ではどのように普段から気をつけたり、食べていけばいいのでしょうか?

どのように摂取していくべきか

先ほど述べただけでもすごく怖い感じがしませんでしたか?

特に代々先祖が亡くなっている原因が糖尿病や癌だった場合はなおさら気をつける必要があります。



僕がお勧めするのは3つです!

1つ目は、食べるなら運動をする

マタニティ運動

しっかり運動し筋肉量を増やせば貯蔵されるので肥満にはなりません。摂取カロリー=摂取カロリーにできるように心がけるようにしましょう。

2つ目は、糖質が食べたいと思った時に、「本当にこんなに必要なの?」と疑問に思う習慣をつける

冷静に考えるとそんなに量はいらないはずです。

1日の消費カロリーや消費エネルギーに対してどれぐらいの摂取カロリーが必要かを考えれば、


「今日はそんなに動いていいからこれぐらいでいいや」ってなりますよね!

常に一度自分と会話してみましょう!

3つ目は、「私は糖質が好きだからいっぱい食べないといけない」って思い込んでいる潜在意識を潰す!

人間の潜在意識は意志の9割を占めています。

そして残りの1割も「糖質が大好き!」って思ってしまったらもう終わりです。笑


本当に好きなの?とか
好きだから多く食べる必要はない!って考える必要があります。


そもそも1、2ができていればこのような欲望は潰せるはずです。


そして食べないようにするのではなく、しっかり食べてください。

その変わりしっかりと量は調節しましょう。ここが最大のポイントです!


脳を使う時にはある程度の糖分は必要ですが、必要以上に摂ると極度の睡魔に襲われるので要注意です。


あとは運動後の30分以内など成長ホルモンが出る時にしっかり食べてあげれば吸収率が上がるのでそのようなこともも意識してみましょう。

まとめ

今回は糖質について述べていきました。

あまり論じられていないことに触れていきましたが、本当の炭水化物(糖質)の過剰摂取には気をつけてください。

短期で見たらアレルギー反応が現れしんどい思いをします。長期で見れば糖尿病やクッシング症候群・癌などになりやすいでしょう。


何を摂るかもそうですが、何を食べないかも考えていかないといけませんね!

今日から毎日の食事を少しづづ見直していきましょう。

SHARE
シェアする
[addtoany]

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-1442-2722