BLOGブログ

2020年10月10日

腰部脊柱管狭窄症は治るの?<加古川の整体師が語る>

腰痛

脊柱管狭窄症
Q,脊柱管狭窄症は治りますか?

A,オペやその他の治療で症状は緩和されます。

オペやその方の腰椎の状態によってオペ後も症状を残すことがあります。




Q,どのような症状だと脊柱管狭窄症を疑いますか?

A,脚の痺れ、症状が出ている方の脚が細くなる。

歩行中すぐに疲れが出て少し休めばまた歩行可能となる。(間欠性跛行)

身体を前傾したり、背中を丸めると症状が緩和され楽になる。




脊柱管狭窄症は、老化で起こる場合と先天的に脊柱管の通り道が狭い場合があります。

神経障害が起こる為、脚の痺れや冷え・むくみ・感覚異常が起ってきます。

 

神経が障害される場所により膀胱・直腸障害など内臓にも影響を及ぼす為早期にオペが必要。

 

前述した通り、オペをしたからと言って完全に完全に治るわけではありません。

なぜそのような事が言えるのかというと、

オペ後の経過を沢山診てきているからです。

もちろん中には完全に良くなったとおっしゃる方もいます!

人それぞれ骨の形や椎体の大きさ関節の柔らかさ、極限を行ってしまえばDNAなど細胞レベルで違います。

 

同じ症状でもオペやその他の治療後の結果が変わるのは当たり前なんです。

これは言い訳などではなく現実です。

 




<簡単な検査方法または確認方法>

・斜め後ろの腰を反らす。

・画像診断

・脚の左右差の視診、触診

・歩行可能な時間。休憩すれば歩行可能か不可能か。

 

<治療方法>

(整形外科の場合)

・牽引療法

・オペ

・湿布

 

(HOPEの場合)

・ストレッチやマッサージ

・腰の牽引

・コルセットの着用

 

HOPEでは腰の圧力を下げたり脚の拘縮や疲労回復を目指し、

マッサージとストレッチをします。

これにより狭窄部より下の神経の通りや血流の通りはよくなり

歩行も軽くなります。

 

またコルセットなどでできるだけ腰への負担を減らし、

神経障害が出ないように普段からケアします。

 

参考元:LIFULLより




<HOPEについて>

 

・HOPE Total Body Conditioningは加古川を中心に関西で活動する出張訪問の整体院

・機能障害の改善や痛みなどを緩和する施術や、O脚矯正や産後骨盤矯正などの美容整体などを行う

詳しくはメニューをご覧ください。

 

整体や整骨院は現在コンビニほどの数が存在しています。

HOPEは加古川市をはじめ、姫路市 神戸市 西脇市 稲美町 明石市 芦屋市などの兵庫県を中心に活動していますが、

そんな中でも、有難いことに京都府 奈良県 大阪府から施術の依頼を頂いています。

コンビニほどある整体院なのに、他府県や他市に出張できていることはとても誇りに感じています。

 

これからも日々勉強し更なるパフォーマンスでお客様にお喜び頂けるよう精進いたしますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ー今後の流れー

2021年に店舗を構える予定。

 
SHARE
シェアする
[addtoany]

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-1442-2722